三栄電波株式会社
購入方法 問い合わせ方法 取り扱いメーカー 会社概要
TOP



 C形アッテネータ

 
東京光音電波の最高級アッテネータ
   抵抗素子は 経年変化およびノイズ発生率が少なく 長期にわたり安定を保証できる
 固定抵抗器を用いている
 接触機構については 長期使用に耐え 摺動ノイズ発生を少なくするために
 接点材質として銀合金を採用し 接触片圧にも充分な注意が払われている


 
 C形アッテネータ シャフト長22mm
    抵抗値 600,10K,20K,50K,100K,250K,500K
         最大減衰量65dB ステップ数40
    ステップ減衰量0,1,2,(1dBステップ)23,24,25.5,27,(1.5dB) 31.5,33.5,37.5,39.5,42,45,48.5,53,58,65,∞
  
    その他最大減衰量50dB ステップ数21
                   ステップ減衰量0,2,4(2dBステップ)30,32,34,37,42,50,∞もあり
                                                                                                 C形アッテネータカタログへ
 回路構成
@ポテンショメータ形(P形)

 P形は抵抗を直列に結線して出力側抵抗値,減衰量ともに段階的に変化できる可変抵抗器である
 出力は無限大インピーダンスで動作するものとしてけいさんされた抵抗値で構成されている

A橋絡T形(T形)

 T形は上図のように結線し挿入損失0dB、入出力インピーダンス一定値で減衰量を段階的に変化させる
 ことができ、線路の整合を乱すことが ありません
 T形は不平衡形でありますから 端子Cを「グラウンド」して使用しなければなりません

B橋絡H形(H形) 橋絡平衡H形(HN形) 

 H形、HN形は上図のように結線し挿入損失0dB、入出力インピーダンス一定値で減衰量を段階的に
 変化させることができ、線路の整合を乱すことが ありません
 H形、HN形は平衡形で 平衡回路に挿入して 確実に動作しますが 平衡が崩れるような 回路に
 使用されると 誤差を生じます
 たとえば線路が長い場合には 橋絡平衡H形(HN形)結線を使用し 中点Nを「グラウンド」
 することにより好結果がえられます
 
回路構成 C形アッテネータ 税込価格
P形 単連 P65CS \35,490
P形 2連 2P65CS
\59,140
T形 単連 T65CS \63,290
T形 2連 2T65CS \93,810
H形 単連 H65CS \83,160
H形 2連 2H65CS \126,360
HN形 単連 HN65CS \99,200
HN形 2連 2HN65CS \153,360

その他バリエーションはご相談ください



 
その他ご要望がありましたら お問い合わせ下さい

お問合せ TEL:03-3253-1525 FAX:03-3251-1530
© San-ei-denpa Co.,Ltd. All rights reserved.